カテゴリ:旅 ( 18 )

夏旅コンプリート

7/17〜21にかけて夏旅と称して『伊勢神宮参拝と名古屋の旅』へ行ってきました。
ちょうど東海地方の梅雨明けも宣言され、暑さも半端なかったです!!今年初の36度を経験。

伊勢神宮は平成25年に式年遷宮を控えており、内宮、外宮ともに新しい本宮を建築中でした。
初日に外宮を参拝し、翌日早朝に内宮を参拝。
宿泊した神宮会館は、スタッフによる内宮早朝案内ガイドが無料で申し込むことができて
初めての伊勢参りにはお薦めです。
f0024281_16555351.jpg

二泊目以降は名古屋の栄に3連泊。車で旅行する時には日毎に宿を変えたりもするんですか
パッキングが面倒なのと、交通の便も良い地なのでここに。

知ってはいたけど、まさか宿の目の前で開催されていたとは‥

f0024281_16565956.jpg

ビール自体の単価が高い(1300円/400ml)ので、ここでひたすら飲むよりは
1、2杯飲んで雰囲気を味わうのがいいかも。

今旅のお目当ては神宮参拝であったため名古屋で行きたいと観光地があるわけではなく、
ほぼ名古屋は食べて飲んでのがメインに。だって暑いんだもの〜

暑さよけとして利用したのが名古屋市科学館
f0024281_16582345.jpg

世界最大級のプラネタリウム(カールツァイス社製)が大人気で、個人では予約不可なので
当日朝に予約するか、空席のある上映回が運良くあれば是非見てください。

産業科学館
f0024281_16594491.jpg

ここは名古屋駅から1キロほどの地にあるトヨタの博物館。
自動車メインの長久手にあるトヨタミュージアムとは違い、トヨタの母体である
紡績機・織機と自動車の変遷が非常に興味深く観察できる博物館です。
車好きなnacですが、ここでは紡績、織り機のメカメカ感にやられました。
証拠にその分野の写真はこれだけ008.gif
f0024281_1712540.jpg




あとは、旅ランと称して朝の名古屋市内を走ったりも
そのとき通過した場所はこちら。
f0024281_1724055.jpg

↑ラディッシュ (水どうファンにはご存知の藤村Dの実家)次回は行きたい。
f0024281_1732830.jpg

↑大須観音
f0024281_1772397.jpg

↑愛知県庁
f0024281_178929.jpg

↑名古屋市役所
f0024281_1785588.jpg

↑テレビ塔 (シルバーなのね)

食べたもの&お酒はこちら
f0024281_1793796.jpg

↑世界の山ちゃん本店 (総本店ってのもあるのね‥)
f0024281_17102781.jpg

↑日本酒立ち飲みバー八咫(やた)
f0024281_17112974.jpg

↑名古屋オクトーバーフェスト
f0024281_1712570.jpg

↑串カツ らぶりー
f0024281_1713161.jpg

↑大甚本店
f0024281_17135337.jpg

↑スペインタパス オサバール
f0024281_1715119.jpg

↑コメダ珈琲店ユニモール店
f0024281_17155617.jpg

↑蓬莱軒松坂屋店


いろいろありながらも楽しい旅でした。

名古屋のSさん、K山家ありがとうございました。

もう、夏は遠慮しますww
気候のいい時におじゃましますね♪

[PR]
by nac_nac | 2012-07-22 17:18 |

寝台急行はまなす

f0024281_22433017.jpg

先週末は北海道まで言ってきた訳だけど、札幌からの帰りは
久しぶりに寝台列車に乗車。
急行なので、シート客車もついてるから正確にはブルートレインではないけど
外から見た車体はブルートレインそのもの。
f0024281_22433351.jpg

2段式B寝台の下段が、今回の寝台。
昔は3段式B寝台なんてのもあったよね。子どもの頃は一番上に寝たくてしょうがなかった
けど、いまじじゃ下段が一番だと思ってしまうくらい大人になってしまいました。

f0024281_22433325.jpg

夜10時発の列車なので、お供はビールとワイン。
f0024281_2243362.jpg

やっぱり後ろ姿が好きだな〜

大阪〜青森間を走ってる寝台特急日本海も来る3月17日で廃止になるのを聞いてから、
急に乗りたくなっています。
初めての一人旅に乗った列車。
そう1985年7月に、鈴鹿8耐を観戦するために乗った列車ですから。

あの夏は、暑かったな‥
[PR]
by nac_nac | 2012-01-19 22:42 |

2012年正月の旅

f0024281_21243786.jpg

甥っ子のサッカー選手権を応援するために、今年の三が日は横浜で過ごしてきました。

試合は強豪校との対戦で、初戦で敗退でしたが

よくがんばったと思います。

せっかく横浜にまで行ったので、中華街もすこし

山下公園も少し、大桟橋も少し歩いてきました。

上の画像はホテルニューグランド!

高校の友人がここで結婚式と披露宴をしたこと思い出しました。

あの時はせっかくいいホテルに泊めてもらったのに、ホテルの素晴らしさを

味わう訳でもなく、2次会、3次会と出かけたことを後悔してます‥

次回横浜に行く時はシーガーディアン2で飲みたいものです。

あと、久しぶりにベイブリッジを渡り、

大黒PAに行きちょーちょー高級スポーツカーを

見学して帰ってきました。

今回ほどナビの素晴らしさを実感。。横浜なら車で行ってもいいな〜

[PR]
by nac_nac | 2012-01-04 21:36 |

追記

f0024281_014892.jpg


これ以外に、「ハウルのなんとか〜」もありましたけど、
nac世代にはクラリスでしょ。


このパスタを二人で五人前くらいオーダーし、シーザーサラダ、そして赤ワインボトルでグビグビ‥

これも有りっしょ。

このメニューは有楽町の福ト屋の前の前の店でもありましたね。

[PR]
by nac_nac | 2011-08-20 00:17 |

パワースポットTrip

新潟の弥彦神社に行き、ついでに長岡のカネセ酒店で日本酒を仕入れようと出かけたんだけど、
日頃の行いか、動機の不純さのどちらかで大雨に遭遇。
鶴岡市内を抜けたあたりで国道7号線が土砂崩れで通行止め、新潟に行くには
大きく迂回し温海に出ないと無理という状況。
山形市に進路変更を考えてみたけど、山形自動車道も通行止め。

そんなわけで、パワースポットTripは中止し鶴岡泊まりでお茶を濁すことに。

雨でしたので、じゃらんで宿を探し即チェックイン。
後の楽しみと言ったら、飲むしかないでしょ〜ということで
食べログでリサーチ‥いかにも有りがちな旅行なとこが気に食わないですけど‥

協議の結果、ホテルのあった観光飲食ガイドで鶴岡駅前にある『葡萄酒場』に決定。
いつも日本酒メインで店を決めてしまっているnacですが、この日A姉さん好みに、
同じ醸造酒でもワインが得意そうな店ということでの選択でした。

f0024281_20592475.jpg

f0024281_20595639.jpg

これがその日のワインリスト。
メニューにはもっと載ってるけど、無いのもありそう。でも、黒板にあるだけを見ても
なかなかこんな店無いですよ。
2枚目の画像のワインは¥980(おつまみ一品付き)で3種飲み比べが出来ます。
f0024281_2152183.jpg

↑赤の3、ロゼ、白2(縦のワインリスト参照)
こんな感じです。これにガーリックトーストが二枚付きました。

料理の方はフレンチをベースに居酒屋風アレンジという感じで、気軽に楽しめました。
f0024281_21816.jpg

↑アボカドのタルタル、ハーブ鳥のディジョンマスタード焼き、シーザーサラダ(上から)
タルタルは優しい味付けで、どんどん食べられる感じ。
ハーブ鳥はカリッと焼き上げられてて、さめても美味しかったし、
シーザーサラダは画像より量は多めで、ベーコンも厚いのを使っていて美味しかったですね。

この店、葡萄と名乗っていたのでワイン中心かと思いきや、
f0024281_21153179.jpg

↑この日の日本酒リスト
美山錦が多いのが気になりますが、それはさておき。
黒板メニュー以外にもメニューにはまだ日本酒がありますが、在庫関係は聞いてみないとわかりません。値段は総じてお安いです。
f0024281_2119881.jpg

飲んだのは↑この三種4杯。
この十四代は頒布会用のお酒。見事なまでに「こめ〜〜!香りも米!味わいも米!」
ご飯でお腹いっぱいって感じで、お代わりさせていただきました。

いやはや、急遽泊まった鶴岡で素敵お店見つけてしまいました。
土曜日に鳥海山に登って、そのあと鶴岡まで足を伸ばし飲み会をしたくなる店と
勝手に決めつけてみましたww

お酒も料理も財布に優しいお店です。ただ、呑み放題のドリンクメニューはお勧めしません。
あと、ある程度飲んで、食べた後に注文できる乾物ではないおつまみメニューがあれももっといいかな。焼酎も普通のからプレミアムまでありますので、焼酎好きにもおすすめです。
すでに今年中に、もう二回は行きたくなってます。
災い転じて吉となる、そんな鶴岡の夜でした011.gif
街も古い建物が残ってて、さすが映画のロケに使われることの多い土地だと感じたね。



葡萄酒蔵 居酒屋 / 鶴岡駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


[PR]
by nac_nac | 2011-08-19 21:35 |

ねぶたの旅

昨夜は人生初めてのねぶた祭。初めての跳人。
青森の『蛍の香』で知り合った、K藤さんの会社‥浴衣を見ると何処か一目瞭然ですが‥
着付けをしてもらいました。
f0024281_21152222.jpg

↑参加したねぶた。
跳ね続けると、参加したねぶたか、前に見えるねぶたの後ろ姿しか見れないのが難点。
なので、ねぶた祭全体をどうこういえるような感想はないです。ただ、衣装さえ着れば
誰でも参加できる点がいいとこですね。観客として全体を見て参加するのが一番いいかも。

19時10分運行開始。
運行経路を1周するか、運行終了時間の21時まで跳ねたり、歩いたりするらしい。

跳び続けたかって?

そりゃ、無理です。後半は歩きメインになってしまいましたし。
年齢的に半周もしくは1時間くらいがいちばんベストかもね。
次回あるときは、年相応でいきたいと思います。

f0024281_21195393.jpg

↑花笠は被ると暑いので、装着率は低いのだけど
顔に豆絞りも巻くので汗対策にはいいかも。これにハイドレーションシステムを組み合わせれば
疲労度も軽くなるはず。

跳ねてみてわかったのは、
跳ねた経験があって、ねぶたをみるともっと面白く見れるってことです。

来年、参加される方いますか?
おまちしてます。。。。誰が待ってるんだ‥


期間限定公開
[PR]
by nac_nac | 2011-08-07 21:49 |

高飛び

以前の日記にも書いたのですが、
なぜか高飛びしてきました。フィールド競技の高飛びじゃありませんよ。

今回は期間も限られていたので、羽田から飛べるとこへ‥

その前に、帝都観光東京で。
f0024281_2210484.jpg

(なんか上海チックやな‥)

東京タワー、水上バス、スカイツリー、浅草人力車、
表参道ヒルズ+ヒルズでスケート&イルミネーション

そして深夜羽田より、彼の地へ。。。個人的に15年
ぶり!


タワーつながりでParisへ

f0024281_22131825.jpg

(バスの車窓からで失敬!)

昨年に続き、寒気がどっかり居座ってたヨーロッパ。
またかよって感じですが、ルーブル美術館・ヴェルサイユ宮殿・凱旋門・セーヌ川クルーズ・キャバレーLIDOと巡りましたよ。
道中は昨年のような出来事は無く少し残念(笑)
機内で映画を6本見たので、それはそれで良しとしよう。
[PR]
by nac_nac | 2010-12-22 22:36 |

撮影

もうすぐ師走ですけど、籍を入れて8ヶ月、パーティーから4ヶ月。
ようやく写真なんぞを撮影して参りました。
持ち込み1着と借り衣装1着を着まして、慣れない環境に脇汗をかいたわけです。
笑顔って作ると難しいのねぇ〜
それと、また太ったなぁ〜俺
と思い知らされる、一生に記念日に008.gif

そのあと、アトリオンにあるHISヘ逃避行先を物色しに行ったのですが
ハワイは決めるのが遅くもうキャンセル待ちのみ。
さて、どこへ大脱走をしようか。。あそこか、ここか‥‥むむむ
その場では結論が出ず、パンフレットとチラシを貰い

マンマミーアでA氏調理のパスタを頂きました。うまかった〜!!
ごちそうさまでした。



明日からまた青森ツアーです。
[PR]
by nac_nac | 2010-11-28 22:49 |

放置

暫く放置気味でした。
とくにネタも無く、出張三昧のシビを過ごしておりました。
本日も八戸泊で、明日も午後に一発仕事があり
仙台でのBANFF MOUNTAIN FILM FESTIVAL にもいけない始末。

知り合いがケツコンして秋田を離れるとの話を聞き、
喜びと寂しさが半分半分な気持ちです。


もうすぐ12月。。師走です。

忙しいのはわかっておりますが、
年末どこかへ逃避予定です。
今年は乗り継ぎ無しでww

でわ、おやすみ!
[PR]
by nac_nac | 2010-11-20 01:07 |

カウントダウン

始まりがあれば 終わりがある

誰しもこの世に生を受けた時から 死への時間が始まっている
いつ終るのかは 誰も知らずに生きている


子供の頃に聞いた 自分の寿命のローソクが出てくる話を思い出した
いきなり自分のローソクを見せられたとき

どう感じるのだろうか

ローソクは 早く燃えるのか 遅く燃えるのか
わからず見せられたら


俺はどう生きるだろう

死へのカウントダウンは皆平等に進んで行く

死は

明日かもしれないし

何十年も先かもしれない 誰にもわからない 

故に恐れる 

ただ 自分のローソクを見せられたとき
自分は どう生きてきたのか
自分はこれから どう生きて行くか
神様に、生き様の真価が
問われているのだろう

どう生きるか

カレンダーを覗きこみながら

向う先が

いつ来てもいいように


平成二十二年七月七日
年に一度 永遠に会うことが出来る 織姫と彦星(夫婦ですよ)
[PR]
by nac_nac | 2010-07-07 22:34 |

寿命も折り返し


by nac_nac
プロフィールを見る
画像一覧