<   2009年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

バックシャン

f0024281_1812575.jpg

急遽決まった本社研修に怒りを覚えますが、

せっかくだから見てきましたよ〜後ろからが好きです
[PR]
by nac_nac | 2009-08-30 18:01

動画

見られるようになってます。

公開設定にするのを忘れてました008.gif
[PR]
by nac_nac | 2009-08-27 07:10

田沢湖

f0024281_2049441.jpg

A姉さんが夏休みを取ったので、田沢湖キャンプ場で2泊3日過ごしてきた。
基本的にはテントを張り、飯を食べ、寝るためのキャンプ。

ただ一つくらいはアクティビティーを入れたいので、
シャワークライミングをしてきたよ。
f0024281_20523570.jpg


例年より水温は低いらしいけど、それ以上に楽しかったぁ〜
沢シューズの滑らなさ具合もサイコー!!


[PR]
by nac_nac | 2009-08-26 20:49 | 旅 

シリエトクEXP102事業部 8日目(最終日)

屋根のある場所で眠りについても、
朝起きる時間はあまり変わらず、午前5時目覚めた。

102回事業部の参加者は朝食後、それぞれの帰路に着く。

それぞれの思いを察するかのように、外は雨が降り続けていた。
f0024281_9374565.jpg


午前10時
nacと、DMちゃん以外 の皆は2台の車に乗車し、
万月堂を後にした。見送る側になると、やっぱり寂しさが大きいね。

DMちゃんは、このままサーフトリップに行くらしい。
nacはもう一泊万月堂へ宿泊する。
天気がよければ出かけるんだけど、この雨じゃね。。。
この一週間の思い出を振り返りながら、静かに時間が流れていった。

余韻を味わう日をもうけて良かった。

これで今年の夏の旅日記はおわり。
だけど、この終わりが始まりのような旅になったような気がする。

また来よう、知床。
また行くよ、知床。

f0024281_956142.jpg


次回は羅臼岳も登りたいものだ。
[PR]
by nac_nac | 2009-08-23 09:59

シリエトクEXP102事業部 7日目

朝靄の中、いつものように4時30分に起床。
太陽が昇り、気温が上昇するにつれて青い空が広がってきた。
最後の最後で最高の天気がやってきました!


f0024281_17164843.jpg

コーヒーを飲み、朝飯を食べていると、
野営してる浜の前に昆布漁の船がどんどん集まってきた。
これじゃ、朝の軽量化もままならない(笑)
カヤックを漕ぐのもこの日で最後。終着地の相泊までは3時間くらいだし、
なんとかなるっしょ。

f0024281_17171843.jpg

午前6時45分出発。
波も風も穏やかで、とても気持ちよくパドリングできた。
こうも穏やかな状態だと特に書くことも無く、
ただ、ただ太陽のすばらしさと知床の雄大さを感じて漕ぐだけだった。


とうとう相泊に到着。
とうとう、この旅も終わりだ。
漕ぐ→キャンプ→食事→飲んで→寝て
の生活も身体に馴染んだ頃、旅は終わってしまう。
旅するように生きていたいとはよく言ったものだ。
終わりがあるから、また戻ってきたいと思うのだろう。
f0024281_1814127.jpg

みんな笑顔で写っているはず003.gif

f0024281_1758618.jpg

15艇のカヤックたち。ありがとう。
f0024281_18111964.jpg

今回は通常とは逆回りだったので、温泉というご褒美も‥‥
相泊温泉は夏場以外は簡易屋根が取り払われているの海辺の温泉。

一週間近く着の身着のままで過ごした我々が団体で入浴したら
どうなるかは、ご想像にお任せします。(入浴画像はヤバメでアップできません)
後から入浴した若者4人組よ‥‥ごめんね。あれが相泊の本当のお湯ではないからね〜

f0024281_17582287.jpg

そして「熊の家」で6人の小宴会!!
久しぶりに文明の力テレビを見ながら、冷たいビールで乾杯068.gif
あまりの美味さに、店の瓶ビール全部いただきました。
瓶がだめなら、缶ビールもいただき!!
缶つながりで、トド肉もおいしく食べさせてもらいました。
お父さん、ありがとう。

f0024281_17583736.jpg

最強の合羽を指をくわえながら眺め、

夕方、万月堂へ一週間ぶりの帰宅。
皆で最後の晩餐をし、三々五々眠りについた夜だった。
いや〜この日はビール飲みすぎたよ^^;

一番飲んだのはKYM君だったらしいが‥‥

第102回事業部無事に任務終了しました。
[PR]
by nac_nac | 2009-08-20 20:36 | 旅 

秋の気配

結局今年もキャッスルホテルのビアガーデンに行けなかったな〜
っと考えたりしながら、お盆気分がまだ抜けきれてません。
ながーい夏休みも仕事に浸食され始めました。。。
といっても、端から見ればプ〜な生活に見えるようです^^


あと最低2日分の事業部日記は、
もうすこしお待ちくだしゃい014.gif
[PR]
by nac_nac | 2009-08-17 15:40 | ネタ不足

シリエトクEXP102事業部 6日目

この日も、いつものように4時すぎに起床。
霧雨と風のせいで、寝袋に湿気がまとわりついて、
快適な眠りにはならなかった。
昨日見た青空も、まだ隠れたままだった。

朝食、出発の準備を日常作業のように行う。
身体が旅モードになっていて、気持ちのいい瞬間でもある。

午前6時30分に赤岩を出発。
カブト岩を通過し、ペキンノ鼻で上陸し昼食をとる。
この頃には天気が回復してきて、気温も上昇し、青空も視界いっぱいに広がっていた。

あまりの気持ちよさに、皆ひなたぼっこ。

f0024281_97395.jpg

こんな姿で太陽エネルギーを体感してたりね。
f0024281_995199.jpg

休憩後、ペキンノ鼻の上部にある鳥居までハイキング。
この鳥居は「ひかりごけ事件」に由来するという。
ペキンノ鼻の上部は広い台地になっており、そこに鳥居が静かに建っている。
f0024281_9394157.jpg


f0024281_9441998.jpg

うっすら国後島も見えてたような。。
神様からのご褒美のような見事な青空のもと、
この旅最終の野営地、化石浜まで漕ぐ。

午後2時頃、化石浜に上陸。
これまでに濡れたもの、乾ききってないものを一斉に干し始める。

最後の最後でこんな気持ちのいい夜が迎えられることに
感謝をしながら、少なくなったビールを飲んだ。
今夜の献立はさんま缶丼(一人当たり2缶)とニンニク油の利いた豚汁(TKG氏味付)
国後島を眼前に見ながらの晩飯とビールとワイン。
心地よい酔いが、からだを駆け巡っていた。。
[PR]
by nac_nac | 2009-08-12 10:07

シリエトクEXP102事業部 5日目

旅が始まって5日目の朝を迎えた。
この日は知床岬を廻り、太平洋側の赤岩まで漕ぐ予定となっている。

しかし昨夜の星も見えた空は、厚い雲に覆われていた。
夜半過ぎより雨が降り続いていた。
前日までの天気図により、
低気圧が二つ日本列島へ接近していたので、その影響らしい。
f0024281_22402287.jpg

午前6時のNHK第二の気象通報をもとに天気図を描いてみたが、
出航できるかどうか微妙な様子。オホーツク海側は波穏やかだが、
太平洋側は風が強いと予想されるためだった。
午前9時の気象通報を聞きま、ようやく出発が決定した。

f0024281_1438337.jpg

午前10時30分頃に知床岬に向けて漕ぎだす。
はじめ波は穏やかだったが、岬を廻る頃には風も強くなり、雨も降り始めた。
加えて波も三角波に‥‥ひたすらパドルリングで艇を前へ進め、
波と対峙していた。
f0024281_14561882.jpg

ゆえに、岬を通過する頃の画像は誰も撮影することができていない。
それほどの状況だった。
なんとか岬を通過したとき、時刻は午後1時前になっていた。
出発する前に話していた皆既日食のことなど、忘れてしまうくらいの
濃密な行程だった。

太平洋側に出ても天候はよくなく、霧が低く垂れ込めていた。
f0024281_1458385.jpg


f0024281_1501547.jpg

午後1時過ぎに赤岩に上陸。この画像に見えているのは、カブト岩。
その先に青い空が見えた。
しかし、これまでで一番寒い夜だった。
[PR]
by nac_nac | 2009-08-10 15:09 | 旅 

シリエトクEXP102事業部 4日目

f0024281_15371484.jpg

午前5時起床。
雨もやみ、波もそれなりに穏やかになった。今日は出れる!
コーヒーとレーズンパンを食べながら出航に準備をする。
そんな中、女子トイレ方向でヒグマが寝てたと言う情報が‥‥多分昨日の奴か。。
「人間、まだいるのかよ〜」とでも思ってふて寝でもしてたのだろうか。。

午前6時45分頃に海へ出る。
カムイワッカの滝を通過し

f0024281_15375197.jpg

蛸岩で昼食をとり、

f0024281_1538766.jpg

カシュニの滝、観音岩を経て海賊湾を巡り、
午後2時30分頃、4日目のキャンプ地に到着。

f0024281_16153855.jpg

この浜は、石の大きさも適度で、背中のツボに効きそうな予感。
実際、夜はぐっすり眠ることができた。
だんだん寝心地のいい浜になることは嬉しいものだ
f0024281_15394493.jpg


今夜の献立はスパイシーな中華風カレー。(これもチャレンジしたいレシピ)
新谷さんが途中で採取したビーチグリーンの炒め物。
この夜は雲も薄くなり、星も見えるくらい。
気温も適度にあったから、夜のお酒もしっかりおいしく飲めたな〜〜。
このツアーで一番多く漕いだのはこの日だった。
だから、余計に美味しく飲めたのかもしれない。。

この天気が続けばいいのにと願いながら、少し早めに寝袋にくるまった。
(と記憶している)
[PR]
by nac_nac | 2009-08-08 16:39 | 旅 

シリエトクEXP102事業部 3日目

前日夜半過ぎから、フライシートをたたく雨音が強くなった。
朝になっても、雨止まず、波高く、風も強めのようだ。
波の強さは寝ていてもよくわかる。
寄せては返す波、と言えば聞こえはよいが、
返す波によって浜のごろた石が転がる音が、テントの中ではよく響くからだ。

f0024281_928362.jpg

<知床の漂流ゴミとともに>


旅に出ると基本的に早起きになるのだけど、この日は午前4時30分に一度起きてみるが
雨、波、風のという理由付けで二度寝してしまう。
二度寝できたのは、背中に敷いた平板のおかげだろう。

結局、テントから這い出たのは午前6時。
湿気たっぷりのテントの中よりは、外の方が気持ちいい。
一度テントから出てしまうと、もう戻りたくない気分。

午前9時に新谷さんの判断により、本日の停滞が決まった。

f0024281_9415160.jpg


停滞が決まってしまうと、特にすることもない。
停滞用におしゃれなエッセイ集やら、小説を読んで時間を過ごしたと
書ければかっこいいんだけど、そんな準備なんぞしてません。
ただひたすら焚き火を眺め時間と遊ぶ。

f0024281_948818.jpg

突然、ヨガ教室も開講されたり。
f0024281_9594815.jpg

ヒグマも見学に来たり。

石投げ大会も開催されたり。(この大会画像が無いんだよね〜)
ヒゲが伸びたり。

気がつくと、ワインバーが開店。
この日の献立は新谷風カレー。
豚バラブロックから切り分けた肉とパイナップルが特徴的な
非常にスパイシーでウマウマなカレーでした。

f0024281_10124153.jpg

夕方、水平線に夕焼けが見え、翌日の天候に期待持たせる空が見た。
しかし、その期待は見事に裏切られる。

停滞もまた知床EXPの大事なエッセンスだと感じた一日だった。

この日の献立(画像はKNちゃんに任せた!!)
朝 レーズンパン ラーメンスープ ご飯 肉そぼろ
昼 手作りピザ3〜4種
夜 新谷風カレー
[PR]
by nac_nac | 2009-08-08 10:19

寿命も折り返し


by nac_nac
プロフィールを見る
画像一覧